サンドアート気軽に行けて、短時間だけ本格的なアートパフォーマンスショーを楽しみたい

そんなあなたへお知らせです。

胆振管内ではここだけでしか観れない

プロのアートパフォーマンスショーを

毎月、室蘭の特設会場にてお届けします。

アートパフォーマンスの日

1月の日程発表!

日時 : 2019年1月13日(日)14時から15時まで(約1時間)

会場 : グリンデパート

料金 : 無料

出演者 : 森マサミチ(サンドアート)嘉門翔信(日本舞踊)

主催 : サンドアートHokkaido代表 森マサミチ

日本全国&東ヨーロッパでも活躍する本格的なサンドアートアートパフォーマンス

 

 

主催者でもあり出演者でもある、サンドアートHokkaido代表・森マサミチのプロフィール。

北海道に本拠地を置くサンドアート専門カンパニー、サンドアートHokkaidoの代表。

サンドアートと日本舞踊が融合したプロジェクト、砂羅麗舞(さられむ)プロジェクトのリーダー兼プロデューサー。

北海道室蘭市出身、同市在住のサンドアーティスト。作家。日本全国・東ヨーロッパで活動している。

美術学校などは出ておらず、2005年から独学でサンドアートを始め現在に至る。

2017年6月には日本人では初の、豪華客船飛鳥Ⅱにて船上サンドアートパフォーマンス公演を成功させるなど、札幌や東京など全国各地のステージでサンドアートパフォーマンスを行っている。

2018年6月から、約1年5か月に渡りヨーロッパ8か国25都市で開催される「国際サンドアートグラフィック展示会Ⅱ」に、日本人・アジア人サンドアーティストとして初参加。

2018年9月にウクライナ・ドニプル市にて開催のサンドアートイベント「Touch」に、日本人・アジア人サンドアーティストとして初参加(映像制作部門)

2019年夏頃に日本人初のウクライナ・ハリコフ市にて、「国際サンドアートグラフィック展示会Ⅱ」の会場にてオープニングパフォーマンス決定。

広告では「きゅうりのキューちゃん」でおなじみの、東海漬物株式会社様などの企業広告を多数サンドアートで制作。

メディアでは「世界ふしぎ発見!ヨルダン編」のサンドアート映像制作、NHK札幌の情報番組やSTV札幌テレビ「どさんこワイド179」など、北海道内の番組に生出演。

日本舞踊家・嘉門翔信(かもんかしん)

男性でありながら女形、男形を使い分ける日本舞踊家。

砂羅麗舞(さられむ)メンバー。

女形に秘める美しさ、手先の流れ、流し目、想いを込める舞は多くの観客を魅了する。

また男形の舞も定評があり、力強くしなやかな動きは会場を賑わせてくれる。

また会場を笑顔にするお喋りも必見!

日本全国で活動中。

▼ 嘉門翔信の舞はこちらのPVでご覧いただけます。

なぜ室蘭でアートパフォーマンスの日を開催するのか?

故郷・鉄の街の室蘭市でアートパフォーマンスのショーを開催したい。

それはアートを生業とする僕の、長年の夢でもあり、願いでもありました。

また地元でサンドアートのショーをみたいという声をたくさんいただいておりましたので、そういった声に少しでもお応えしようと思ったからです。

何かイベントを開催しても数年で終わってしまうこの街でアートパフォーマンスショーを、それも毎月行うことは、ある意味チャレンジでもあります。

やらない選択もできますが、それでは僕の元に届いている声を無視してしまうことになります。

それはしたくはなかった。

芸術とはかけ離れているこの街で、アートを生業している僕ができることは、「アートパフォーマンスを観たい人へ、僕や仲間のアートパフォーマンスを届けてあげること」です。

この街にいらっしゃるアートパフォーマンスを観たい人のために、このたび「アートパフォーマンスの日」と名付けたショーを、2018年11月から毎月開催することになりました。

期限はまだ決めていませんが、少なくともまずは1年、12か月休まずショーをやりたい。

アートでこの街を盛り上げようとか、立派な大義はありません。

ただただ、アートパフォーマンスを観たい人へ届けるために、僕はやります。

お客様がたった一人のときもあるでしょう。それでも構いません。

わざわざ観に来てくれたお客様のために、全力でパフォーマンスをさせていただきます。

まずは2018年11月4日(日)の15時から、第一回がスタートします。

お時間のある方はぜひ、お越しいただけたら幸いです。

森 マサミチ