【サンドアート東京】創立記念式典にてパフォーマンス

サンドアート
サンドアート

サンドアーティスト森マサミチとしては初の東京でのステージ。

橋梁を中心に設計をされご活躍されております、株式会社ナビ設計様の10周年記念式典でのステージでした。

記念すべきこちらのステージにて、17分のオリジナル・サンドアートパフォーマンス作品をご披露させていただきました。

サンドアート東京

サンドアート

遊びで東京には何度か来たことがありましたが、サンドアートのお仕事で来るのは初。

これまで札幌をはじめ、名古屋、岐阜、福岡などなど、全国のいろんな街でサンドアートをご披露させていただきましたが、意外にも東京からのご依頼はありませでした。

東京には他にも素晴らしいアーティストの方々がいるので、僕が呼ばれることはないだろうなと(笑)

しかし、とてもありがたいお言葉──「森さんのパフォーマンスを観てぜひ」とご連絡をいただき、こうして東京でサンドアートライブをやらせていただきました。

創立記念式典でパフォーマンスライブ

今回は「橋」をテーマに、「人と人を繋げる架け橋」という、17分のオリジナルのサンドアートパフォーマンス作品をご披露させていただきました。

社長様をはじめ、ご連絡をいただいた取締役のN様、社員の皆さまにはとても喜んでいただき、最後に色砂で制作したロゴを出現させた際には、「驚きの声」が僕の元にも聞こえてきました。

またライブが終わったあとも皆さまがテーブルの周りにお集まりになり、写真を撮られたり砂に触ったりと、思い思いのお時間をすごされてました。

余談ですが、僕の故郷北海道室蘭市には「白鳥大橋」という橋があり、対岸と対岸を結ぶ、室蘭市民には「なくてはならない橋」のおかげで、それまで車で30分もかかっていた時間が5分に短縮され、市民生活がとても便利になりました。

オリジナルサンドアートパフォーマンス作品「人と人を繋げる架け橋」を制作しながら、橋をスケッチしながら、改めて故郷の橋に感謝をした次第です。

 

僕の理念は「目の前の人を楽しませる」です。

これは当たり前のことですが、この当たり前のことを忘れてしまったら、アーティストとしては失格です。

今後も東京でサンドアートライブを行う機会があると思いますが、パフォーマンスを観た方を楽しませる、笑顔にさせる、心に残るステージをご披露するために、日々稽古に励みます。

結びとなりますが、本日は10周年、誠におめでとうございました。

森 マサミチ

サンドアートのご依頼はこちらから

サンドアートイベント出演・公演依頼はこちらから

 


サンドアート

ABOUTこの記事をかいた人

森マサミチ

【目の前の人を楽しませること】
この理念のもとに活動しております。
北海道に本拠地を置く、サンドアート専門カンパニー、サンドアートHokkaidoの代表。

北海道室蘭市出身、同市在住のサンドアーティスト。作家。
美術学校などは出ておらず、すべて独学で学び現在に至る。

2017年札幌初の「札幌サンドアート教室」を開講。札幌や東京など全国にて年間公演(ライブ)回数は約20公演。6月には日本人では初の、豪華客船飛鳥Ⅱにて船上サンドアートパフォーマンスをご披露。今後も全国各地での単独サンドアート公演、ライブを控えている。

「きゅうりのキューちゃん」でおなじみの、東海漬物株式会社様の広告をサンドアートで制作。
NHK札幌の情報番組「つながる@きたカフェ」のスタジオにて、サンドアートパフォーマンスをご披露。