【サンドアート】ウクライナのオデッサで展示会が始まりました。

サンドアート

6月22日(金)から、僕が日本人アーティスト、アジア人アーティストとして初参加している「国際サンドアートグラフィック展Ⅱ」が、ウクライナのオデッサという都市からスタートしました。

ウクライナ(オデッサ)→ モルドア → セルビア → ポーランド → ドイツ → ベラルーシ → リトアニア → ロシア → ウクライナ(キエフ・ハリコフ)8か国25都市を、約1年5ヶ月かけて作品が展示されます。

ウクライナやロシアなど、東欧にはたくさんのサンドアーティストがいて、それも世界トップクラスの人たちばかりです。

そういった方々の一人、ウクライナ在住のアナスタシアから日本人である僕に「Masa、一緒に展示会に参加してみない?」と声をかけられたのが、この展示会に参加するきっかけでした。

またこの展示会参加をきっかけに、2019年の春か夏に、最終地のウクライナの第二の都市ハリコフというサンドアートが盛んな都市で、展示会のオープニングパフォーマンスを担当させていただくことになりました。

「Masaを招待するから、ぜひ来てほしい。パフォーマンスをお願い」

「どこに泊まる?うちの両親の家に泊まれば?」

「ハリコフの街を案内してあげる」

などなど、お互い心開けば優しい言葉をかけてくれる、とてもフレンドリーな仲間たちです。

 

そんな優しい友人たちですが、世界各地で活躍する彼女たちのテクニックはとても素晴らしく、表現力も最高クラスです。

勝ち負け、の話ではありませんが、やるからにはしっかりと「和」を感じてもらいたい。

猛者たちが見守るその環境のなかで、僕が日本人としてアイデンティティーを発揮し、いかに日本の「和」の心を伝えることができるか、これからオープニングに向けての作品に取り掛かります。


こちらの作品「ビューティフルジャパン」は、2017年11月時点の、一発撮りパフォーマンス映像。

基本的にパフォーマンスはすべて一発撮りです。なぜなら本番を想定しているから、です。

あれから約半年が経過した2018年6月現在の視点からみると、このときはまだ進化途中だなと感じる。

近いうちに、現時点での「ビューティフルジャパン」を撮影して公開してみようと思う。

テクニックや絵のタッチが変わっているのがわかるかもね。

 

【サンドアート】ウクライナのオデッサで展示会が始まりました。

こちらはウクライナのオデッサという都市で開催された際の映像です。

地元のテレビ局が会場まで来てくれたそうです。

サンドアート
サンドアート
サンドアート

僕はこの3作品を出展させていただきました。

またこの展示会に参加したことがきっかけとなり、海外のサンドアーティストの方々と友達になり、現在ではいろんな情報交換を行ってます。

5年後、10年後、になるかはわかりませんが、日本のコンテンツを武器にヨーロッパで戦いたい。それが夢の一つでもあります。

またこういった道を切り開き、後進の方々が活躍できる場を作っていくのも、現在各方面にて活動している僕の役割なのです。

どう戦うか、表現していくか

サンドアートは東ヨーロッパ発のアートです。

僕は、僕たち日本人はその土台の上で戦っています。

その土台の上で戦っていくなかで、「海外アーティスト」の真似をしていては、いつまで経っても日本のサンドアートは彼ら、彼女たちを超えていくことはできません。

日本人として、「何を武器に、何を伝えていきたいのか」を明確して、日本人としてのアイデンティティーを大切に作品を制作しなければなりません。

またこういった文化芸術交流を通じて、世界の人たちと心と心を通わせていきたいと願っています。

森 マサミチ


サンドアート

ABOUTこの記事をかいた人

森マサミチ

【目の前の人を楽しませること】 この理念のもとに活動しております。 北海道に本拠地を置く、サンドアート専門カンパニー、サンドアートHokkaidoの代表。 北海道室蘭市出身、同市在住のサンドアーティスト。作家。 美術学校などは出ておらず、すべて独学で学び現在に至る。 2017年札幌初の「札幌サンドアート教室」を開講。札幌や東京など全国にて年間公演(ライブ)回数は約20公演。6月には日本人では初の、豪華客船飛鳥Ⅱにて船上サンドアートパフォーマンスをご披露。今後も全国各地での単独サンドアート公演、ライブを控えている。 「きゅうりのキューちゃん」でおなじみの、東海漬物株式会社様の広告をサンドアートで制作。 NHK札幌の情報番組「つながる@きたカフェ」のスタジオにて、サンドアートパフォーマンスをご披露。